極上ふわふわ生ロール

namaroll

「一人で半分食べられるくらい軽いロールケーキを作りたい…」
社長の一言から生まれた「極上ふわふわ生ロール」。
発売以来、シリーズ累計90万本をお買い上げいただいた大ヒット商品です。

nama_choco

 

極上ふわふわ生チョコロール

軽さはそのまま、
生地にチョコを練り込みました。

 

 

nama_maccha

 

極上ふわふわ生チョコ抹茶ロール

チョコ生地とクリーム
抹茶を加えた大人の味わいです。

 

 

 

極上ふわふわ生ロール
生チョコスフレロール

風味豊かなフロマージュショコラを
極上ふわふわ生チョコrーるのビターな
生地で巻き上げました。

 

 

内藤ルネさんのOishii&Kawaiiコラボ 第二弾

ルネガール期間限定パッケージ
極上ふわふわ生ロール

『おいしい』評判の極上ふわふわ生ロールに
内藤ルネさんのかわいいイラストとコラボした
限定パッケージが登場しました。
※ただいま休止させていただいております。

©R.S.H/RUNE

 


ロールケーキ誕生の秘話

nama_kawakami
河上パティシエ

ロールケーキの開発を担当したのは焼成課課長河上パティシエ。

畑田社長(当時常務)の要望に応えすぐに試作を始めて、1回目の試食を
迎えましたが、その評価は「おいしいがしっかりした味すぎる」という
評価で「一人で半分」イメージとは違うものでした。
さらに2回、3回と試作を重ね、試行錯誤の上やっと現在の形にたどりつき
2009年3月販売にこぎつけました。当初、スポンジだけの「ロール」で
売れるのかという意見もある中、その味に惚れ込んだ営業担当者をはじめ、
ハタダ各店の店長の積極的なPR活動もあり発売1ヶ月で1万本、1年間で
21万本の売り上げ。それが現在につながり、新しい3種類の味も加えて
当初の予想を超える大ヒット商品となりました。

 

 

nama_imgまず、こだわったのは食感を左右する台となる
スポンジでした。

パティシエ 河上 豊目標としている軽さを実現するには、
まずは台となるスポンジ。
とにかくふわふわでしっとりした軽い食感を目指し、
たどり着いたのは、通常の2倍ほどの時間をかけて
じっくり焼き上げることでした。

nama_img02生クリームに求めたのは、たっぷりと巻き込まれていながら
驚くほどすっきりした口溶けとほどよい甘さでした。

生クリームで目指したのは、何よりもその口溶けです。
それは、クリームがたっぷりのボリュームがあるロールケーキで
ありながら「1人で半分くらい軽く食べられる」という外す事の
出来ない目標があったからです。他のパティシエと意見を出し合い
ながら、沢山の試作品作りが続きました。そして、いよいよ完成。
それは厳選した北海道産の純生クリームに独自の配合比率で低脂肪乳を
ブレンドし、上品ですっきりとした甘みの和三盆糖を使用することで、
これまでにない軽さと味わいを実現しました。


 

ハタダオフィシャルインスタグラムスタートしました。

こちら : お菓子のハタダ公式インスタグラム

愛媛県のお菓子のハタダ、公式Instagramです。
このアカウントはInstagramで人気の
『こずえさん( @koz.t)』 ご協力のもとの
商品をご紹介しています。

 

 

▼その他の商品はこちら▼