和菓子

すもも大福

一口食べると口いっぱいにすももの爽やかな果汁が広がる絶品フルーツ大福

すもも大福写真調整

販売期間一ヶ月程度の希少『フルーツ大福』

ハタダのフルーツ大福は大きな果肉となるごとフルーツが評判ですが、その中でもひときわ人気の高さを誇るのが『すもも大福』です。

一年の中でも、6月中旬から一月程度しか販売しない期間限定のすもも大福はまるごとのすももを白あんで包み込み、柔らかな大福生地でひとつひとつ丁寧に包み込んでいます。一口食べると中からすももの果汁がじゅわっと口いっぱいに広がります。

すももには種が入っております。果汁の多さで食べるときお洋服などを汚さないようにお気をつけください。

 

すもものおいしさは フルーツでもトップクラスなんです。

『すもも』と言っても実は様々な品種があります。品種によって、時期、大小、形、色、味が違います。
フルーツのおいしさは『糖度』と『酸味』のバランスといわれます。甘いだけでも、すっぱいだけでもおいしさにはつながりません。
フルーツの糖度と酸味をご紹介します。 
桃は、  糖度12度前後 酸味 弱
葡萄は、 糖度18度前後 酸味 中
すももは、糖度17度前後 酸味 強 といわれています。

酸味がおいしさを一層際立たせているのがすももです。
すももの皮においしさのポイントが隠れています。 
ハタダのすもも大福は皮ごと包んでいます。これには『すもも』のおいしさの秘密が隠されています。すももの皮には『酸味』が多く含まれています。皮ごとお召し上がりいただくことで『果汁の甘味と酸味を感じて、より一層濃厚な味わいを楽しむことが出来るのです。』 

IMG_6567

 

 

 

店舗一覧