和菓子

土用餅

土用餅

※只今休止しております。

土用餅

昔から、夏の土用が最も暑い時期といわれ、暑気あたりを防ぐために精のつくものを食べる

習慣があります。有名なのは丑の日のうなぎですが、土用の入りに「土用餅」を食べる習慣が

古くからあるのをご存知でしょうか。土用餅は土用の時期に暑気払いの願いを込め、

宮中で餅をみそ汁に入れて食されていたものが、江戸時代から餡に包む様になり一般に広まりました。

お餅は力持ち、小豆は厄除けに通じるため、土用餅を食べると暑さに負けず無病息災で過ごせるといわれています。

甘さ控えめの端々しいこし餡で包んだ「土用餅」をぜひお召し上がりください。