和菓子

桜餅~さくらもち~

あたたかな春の一日 お茶のおともにお楽しみください。

12桜餅イメージ画像

sakuramoti3

柔らかなピンク色と桜の葉のみどり色のコントラストが

目に鮮やかな春限定の和菓子です。

少し粒を残したもっちり食感の道明寺と、

中のあっさりとしたこし餡を香り豊かな桜葉で包むことで、

春の訪れを感じさせてくれます。

ハタダでは3個入りをご用意して季節限定の春の味わいを

お届けいたしております。

 

◎桜餅の歴史
 享保2年(1717年)徳川3代将軍 家光公が命名した東京・向島にある長命寺の門番であった新六が
 向島の桜並木の葉が散るのを惜しんで、桜の葉の塩漬けを作り、その葉で餅を包んで売ったところ
 人気を得て「桜餅」の発祥となったそうです。

◎桜餅の香り
 桜の葉は生のままでは、あの独特な香りはありませんが、塩漬けにすることによって、クマリンという
 芳香成分が生まれます。その香りが餅の生地にほのかな移り香となって、包み込んだ餅と調和して
 桜餅の味わいとなります。