和菓子

別子銅山菓 かなみ

かなみ写真

別子銅山菓 かなみ

  

かなみしおり修正

別子銅山菓『かなみ』は別子銅山の鉱石精錬の過程で生まれる「からみ」にちなんで昭和27年畑田本舗・創業者 畑田康一が作り上げた自慢のお菓子です。

柿風味の上品な甘みの餡が入ったお餅を薄種ではさんだ別子銅山菓『かなみ』は、銅山の繁栄を祈って催された「大祭」の絶好のお土産としてご愛顧いただきました。

また、平成17年11月に開催された茶道裏千家淡交会第37回四国地区大会にて青年部お茶席にご利用の栄をたまわりました。

こちらの『かなみ』は数量が少ないため事前に店舗に在庫状況をご確認ください。

 

 

 

元禄3年(1690年)、阿波の渡り坑夫・切上がり長兵衛が発見した別子銅山は、翌年住友家が幕府の開発許可を得て本格的な採掘を始め、以来300年、全国屈指の銅の山は現在の巨大な住友グループの磯となり、一漁村にすぎなかった新居浜を四国1の工都に育て上げました。

スクリーンショット(2016-02-01 13.39.12)

店舗一覧