和菓子

うぐいす餅

うぐいす餅 ※只今休止しております。

こし餡を求肥餅で包み、大豆を使用したうぐいす粉を

まぶしました。

綺麗な黄緑色はウグイスを連想させ、

春のお訪れを感じることができます。

こし餡の甘みとお茶の相性は抜群です。

 

うぐいす餅の由来

1580年代の頃、大和郡山(現在の奈良県大和郡山市)の郡山城の城主であった豊臣秀長茶会に

兄の豊臣秀吉を招いた際、お菓子屋に命じて作らせたのが餡を餅で包んできな粉をまぶした餅菓子でした。

秀吉はその餅をとても気に入り、「以来この餅をうぐいす餅と名付けよ」と命じたのが始まりと言われています。